Blog髪にまつわる話

情報がお役に立てれば幸いです

  • HOME
  • ブログ
  • 知らないと損!?消費税10%に伴うキャッシュレス還元をはじめとする国の負担軽減策

知らないと損!?消費税10%に伴うキャッシュレス還元をはじめとする国の負担軽減策

こんにちは、枚方市駅すぐの美容室Torte(トルテ)です。

消費税10%に伴うキャッシュレス還元をはじめとする国や自治体の負担軽減策

2019年10月から消費税が10%になります。

(食品や新聞は軽減税率で8%のまま)

基本的には2%の増税なので100円のもので2円増し、1万円のもので200円増し、100万円のもので2万円増しとなります。

どうせ買うなら少しでも負担を減らしたいもの。

ですが9月中に買わないと損!と意気込んで必要のないものまで買い込むのは得策とは言えません。

そして今回の増税では国や自治体の消費者負担軽減策というものがありますので大まかではありますが解説いたします。

キャッシュレス決済に対しての消費者還元

有名なものとしてはキャッシュレス決済に対しての消費者還元です。

2020年6月までのあいだ、キャッシュレス・消費者還元事業に登録した店でカードや電子マネーなどでキャッシュレス決済を行った人には政府から還元があります。

還元率は中小店なら5%で期間中であれば増税前より負担減です。(弊店では消費者還元事業登録申請中で11月から稼働予定)

百貨店や大手スーパーは還元はありませんのでご注意ください。

あと、コンビニや外食などの大企業でフランチャイズチェーン加盟店だと還元が2%となります。

FCは対象だけど直営店は還元が無いという所もあります。ややこしいですね(;^_^A

おまけでいうと

商品券、プリペイドカード、郵便切手、宝くじ、自動車などは還元対象外となります。

住宅購入での消費者還元

■ 住宅ローン控除の拡充
住宅を購入する人に向けて2020年12末までの入居が対象でローン控除が従来の10年から13年に延長されます。
控除額は10年間は従来通り「年末のローン残高の1%」
11年目以降は「建物部分の購入価格の2%÷3」上記とどちらか少ない方が控除額となります。
計算上は住宅購入の消費税負担分を13年目までに取り戻せるそうです。

■ すまい給付金の増額
家を購入し、2021年までに入居すると年収775万円以下で最低10万円、年収450万円以下で最大50万円が支給されます。

■ 次世代住宅ポイント
2020年3月までの契約で省エネ、耐震、バリアフリーなど基準を満たす新築やリフォームで最大35万円相当の様々な商品と交換できる次世代住宅ポイントが付与。

■贈与税非課税枠の拡大
父母や祖父母など直系尊属から住宅取得資金の贈与を受けた場合に贈与性非課税枠が最大3000万円まで拡大。

これらの制度は10%の消費税を負担していることと、中古住宅を個人から直接購入した場合は消費税がかからず適用外となります。

自動車購入での消費者還元

10月以降、自動車取得税が廃止。自動車税も新車のみ1000〜4500円引き下げ。

しかし、新たに増税される「環境性能割」というものがあり、全体的にはあまり変わらないのではないかと言われています。

地方自治体での「プレミアム付き商品券」

「プレミアム付き商品券」とは子育て世帯や所得が少ない人に向けて地方自治体が運営する消費税増税緩和政策です。

例えば額面500円の商品券を1枚あたり400円で買えますよ。というものになります。

購入可能上限は額面25000円(購入金額2万円です)

プレミアム付商品券取扱店舗でしか使えないのと、500円単位で使えるがお釣りが出ないなどの注意点があります。

■ 枚方市を例に挙げると対象者は以下の通り
(1) 平成31年度住民税均等割の非課税者(ただし、課税者と生計同一の配偶者、扶養親族等、生活保護の受給者を除く)
(2) 平成28年4月2日から令和元年9月30日までに生まれた子がいる世帯の世帯主
枚方市プレミアム付き商品券室より抜粋

※現段階では当店での使用はできません

 

これで以上となりますがお役に立てましたでしょうか。

恐縮ながら当店でも10月から消費税を10%頂戴することになりますが、お客様からいただいた消費税はそのまま国にお返しします。

あれもこれも税金税金で世知辛い世の中ですが、なるべく利用できるものは利用していけるといいですね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事